コドミン

当サイトでは、「落ち着きがない、集中力がない」といった、ADHD(注意欠如や多動障害)の症状改善をサポートするコドミンというサプリメントについて、成分や期待できる効果について明らかにしています。

おそらく、こうしたお子さんを持つあなたは現在、

我が子の問題行動で毎日のように学校から電話がかかってくる

我が子の友達とのトラブルが絶えず謝ってばかり

久しぶりに会った義母に「しつけがなっていない」と責められる

こんな気の抜けず、言いようのないストレスを抱えてらっしゃる事と思います。

そして、

かわいい我が子がまさかADHD(注意欠陥・多動性障害)ではないかと疑ったことは数知れず。。。

かと言って病院へ連れて行く勇気もまだ持てないし、ましてや投薬治療なんて副作用も心配だし・・・。

だったら、サプリメントはどう?

コドミンっていうサプリが良いらしい!

こうしてコドミンというサプリメントの存在を知り、詳しい情報を求めて当サイトにお越し頂いたのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、

コドミンは落ち着きのない子供をサポートする唯一とも言える子供用サプリメントです。

サプリメントになりますので、薬のような副作用の心配もありません。

コドミンについての成分や効果についての詳しい効果は後ほど解説しますが、この事実だけがわかれば一刻も早くコドミンを買いたい!

そう思ったのであれば、最短で、かつ現在最も最安値でコドミンを購入できるコチラをご覧ください。

↓↓↓

今だけ89%OFFの980円!コドミン公式購入ページ

コドミンってどんなサプリメント?

コドミンとは、子供の落ち着きを取り戻すためのサプリメントです。

一言で落ち着きがないと言っても、

・じっと座って話を聞くことができない。

・何度注意しても聞かない

・朝起こすのに苦労する

・順番やルールを守れない

・忘れ物が多い

・学校の先生からいつも注意される

・ほかの子とちょっと違う気がする

このように程度の違いもあれば、子供の性格による違いもあります。

上記のような行動をする我が子を病院で診てもらった結果、注意欠陥・多動性障害(ADHD)と診断されたというケースが年々増えてきていますが、その原因はまだすべてが解明されておりません。

分かっているのは神経発達症、もしくは行動障害という脳の情報伝達不足で親のしつけや教育が原因ではないということです。

脳の情報伝達が悪いため、病院では精神系の薬の投与によって症状を緩和させる治療法となるわけですが、親としては小さな子供に精神系の薬を与えることに抵抗がどうしても出てきます。

ただ、本当に病気なのかという線引は非常に難しい症状であるため、

病院へ行くほど症状が重いわけではない

仮にADHDじゃないのに薬を飲ませてしまったら副作用が怖い

こう考える方が圧倒的に多く、解決策が見つからずに悩み続ける親が多いのが現状です。

そうした悩めるご両親を救うために開発されたサプリメントがコドミンとなります。

「ADHDかもしれない」と思ったらまずはコドミン

コドミンの成分と期待できる効果とは

コドミンの最大の成分は大豆由来のリン脂質であるホスファチジルセリンで、コドミンにはこのホスファチジルセリンが1粒に100mg配合されています。

テレビ番組でも取り上げられた事のある成分なので、もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんね。

ホスファチジルセリンは私達のからだの源である細胞に多く存在している物質で主に細胞膜を形成している物質です。

ホスファチジルセリンを意識的に摂取すると、この細胞膜を柔らかくしてくれ、脳細胞の栄養素や酸素の取り込みが活発になり、情報伝達がスムーズになると言われています。

人間の脳では神経伝達物質と呼ばれるドーパミンやセロトニンが脳内を行き来することで、理解や記憶、感情などが正常に行えるようになっていますが、ADHDの人はこの神経伝達物質をうまく繋げることができません。

そこで、このホスファチジルセリンの作用に注目したアメリカの研究者がADHDの子供に1日200mgを2ヶ月間補給したところ、ADHD症状の有意な改善が認められた臨床試験結果が発表され、その効果が現在注目されています。

このようにホスファチジルセリンを主成分としているコドミンは細胞膜を柔らかくする作用で脳の情報伝達をスムーズにしてくれる効果があるため、落ち着きや多動・衝動性を抑えてくれるサプリメントとして注目されているのです。

コドミンに副作用はない!?ホスファチジルセリンの安全性は非常に高い!

もともと大豆製品や肉類に含まれているホスファチジルセリンですが、脳を活性化させる目安である1日200mgを摂取しようとすると大豆を6キロ以上食べなければいけません。

大豆6キロとなると大人でも無理がありますので、サプリメントで置き換えてあげるのが最も無理がありません。

さらに、

コドミンのホスファチジルセリンは大豆から抽出されているため、医薬品と違って副作用のリスクがないに等しい。

これも大きなポイントです。

その安全性は厳しいことで有名なアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)でも「一般に安全と認められる」とされています。

またコドミンは日本健康・栄養食品協会による健康食品GMPの認定を持つ、国内優良工場での生産され、医薬品の製造実績もある工場で、医薬品と同じレベルでの製造・品質の管理が徹底されています。

子供に長期間与えるサプリメントだからこそ、製品には徹底してこだわっています。

コドミンの効果的な飲ませ方

コドミンは食品に分類されるため、飲み方には特に決まりごとはありません。

ただ、脳の情報伝達を活性化させるには1日あたり200mgのホスファチジルセリンが必要という研究結果を考えると、最初の1ヶ月は1日2粒(200mg)を飲ませることが効果的と言えるでしょう。

また、サプリメントは続けることも大切ですので、まずは飲む方(子供)も、飲ませる方(親)も習慣化するまで続けることが何より大切です。

飲んだり飲まなかったりが一番効率が悪い飲ませ方ですので、くれぐれもこの点は十分に注意して下さいね。

薬ではないので毎日決まった時間に飲む必要はありませんが、朝起きたら飲む、寝る前に飲むなど決め事として日々のルーティンに加えておくと飲み忘れが少なくなります。

飲む時間を決めて毎日1粒~2粒を必ず飲むようにしましょう。

コドミンは医薬品のようなカプセルではなく、ラムネ味のサプリメントなので子供が嫌がらずに飲んでくれます。

食感もほとんどラムネと変わらないので、飲むというよりはポリポリ食べるという表現が正しいかもしれません。

薬は嫌がる子供でもラムネと思って食べれば長続きしやすいので親としてはうれしいポイントですよね!

「子供も親も」続けやすいのも魅力のコドミン

ADHDの治療薬の副作用は本当に恐い!?

ADHDの薬

ここまでコドミンの成分や効果について詳しく触れて来ましたが、ここでは、仮にお子さんがADHDと診断された場合、どのような治療が行われるかについても見ていきたいと思います。

予めどんな治療が行われるかを知ることによって、まずはコドミンを出来るだけ早く試して見た方が良い、という事がお分かり頂けると思います。

ADHDの治療法は大きく二つに分けることができます。

ひとつは療育による治療法で、社会的自立を促すために自身の環境を整えるトレーニングです。

もうひとつは薬物療法で不注意や多動・衝動性を薬のちからで抑えていく方法です。

これらの治療を行っていくわけですが、とりわけ小さい子供となるとよほどの状況じゃないと副作用リスクを考慮して薬物療法に移行しない場合もあります。

しかもこの薬物療法は薬を飲ませたからといってADHDが完治するわけでもなく、その効果は薬を飲んでいる間だけ。

子供が小さければ小さいほど長期間に渡る投薬が必要になるため、症状が重い期間だけ使用されることもあるほどです。

さらに薬の効果や副作用には個人差があり、必ず良い方向に向かうとは言えない代物だったりします。

このように現在のADHD治療は投薬をしない療育のみになる場合もあり、投薬となるとその副作用リスクが懸念されることになるのです。

現在日本国内で取り扱われているADHDの薬は以下の2種類になります。

ストラテラ

脳の前頭前野部分に多く存在する神経伝達物質「ノルアドレナリン」の再取り込みを阻止することで脳を活性化させてくれるお薬です。

その薬効が出始めるまでに約2週間、安定した効果が得られるまでには6~8週間かかると考えられており、ひとたび薬の効果が現れれば24時間効果が持続します。

ストラテラは薬物依存に関与する中枢神経系には作用しないため依存性は低いと言われています。

重大な副作用として肝機能障害・黄疸・肝不全・アナフィラキシーが挙げられていますが、日本での試験では報告されていません。

起こりがちな副作用として、頭痛や食欲不振、傾眠などが挙げられています。

コンサータ

中枢神経を刺激して、脳内の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンを調節してくれるお薬です。

ストラテラと違い中枢神経系に作用するため用法・容量を間違えると依存性が生じるリスクがあります。

コンサータは第一種向精神薬に分類されるお薬で一定の基準を満たす医師や医療機関、薬局でしか処方することができません。

向精神薬とは脳に作用することで精神に影響を与える薬でもあり、語弊がありますが麻薬なども向精神薬の一種です。

神経に直接作用するコンサータはストラテラと違い薬の効果が出るのも早く、服用2時間で効果が出始め、12時間持続すると言われています。

重大な副作用として狭心症や脳血管障害が挙げられ、食欲低下においては服用者の約4割に出現すると言われています。

一部ではコンサータには薬物耐性があると言われています。

このようにADHDと診断されて処方される薬は、

・ものすごく効果が高いけど副作用や依存性のリスクも高い

・依存リスクは低いけど効果が出始めるのに時間がかかる

というように、効果に違いはあれど、いずれも副作用のリスクは隣り合わせでという事を覚えておきましょう。

そして、服用するのが大人であれば自分の体調や状態を見極めることができますが、小さな子供に投薬となると正直言って慎重にならざるを得ないほどの副作用とも言えます。

しかも、ADHDのお薬は長期間飲み続けなくてはいけないことから、子供に投与する場合は特に経過を注意深く見守る必要があり、同時にリスクを負うことにもなるのです。

子供には投薬の前に療育を進めることが多い現実

このようにADHD治療に使われる薬は副作用のリスクが高いため、病院での初見では療育からスタートとなることが多く、投薬治療は症状が重くなったときの最後の砦として使用されます。

療育からスタートということは、つまりは経過観察ということ。

そのため、具体的な治療が何も進まない状況と考えて良いでしょう。

何かしらの治療を求めて、やっとの思いで子供を病院まで連れて行ったのにとがっかりしてしまうかもしれませんが、これが現実です。

逆に言えば、こうした現状が分かっていれば、「うちの子変なのかな?」という判断がつきにくい段階であれば、まずはコドミンを試して見るという方が良いと思うはず。

コドミンは食品に分類されるサプリメントで医薬品ではないため重篤な副作用もなく、子供に安心して飲ませることができます。

もし、コドミンを飲んでも改善が見られないのであれば、その時はじめて病院へ受診するという行動に移しても遅くはないですし、悩んでいる時間だけが過ぎていくよりも精神衛生上よっぽどいいですよね。

なので、落ち着きのない子供に対して何らかのアクションを起こしたいと感じているなら、まずはコドミンから試してみましょう。

病院に行く前にコドミンから試してみる

コドミンをお得に購入する方法は?

コドミンの購入方法についても見ていきましょう。

コドミンは現在確認できる限りでは、公式サイトかAmazonで購入することができます。

価格差や、それぞれで購入するメリットとデメリットを以下にまとめましたので、ご覧ください。

◆公式サイトからの定期購入する場合

価格:980円(初回89%オフ)

・2~4回目は3000円オフの5,980円

・5回目以上は5,000円オフの3,980円

メリット:定期購入の特典が充実している

・送料、決済手数料無料

・定期周期は自由に変更可能

・60日間返金保証

デメリット:最低3回、初回を含め計4回の継続購入が必要(5回目以降はいつでも休止・解約がOK)

公式サイトでは「3回の継続」という表記になっていますが、これは初回を含め計4回継続という意味です

◆Amazonで購入する場合

価格:8,980円

メリット:単品購入ができるため1ヶ月だけ試すことができる

デメリット:単価が高い

このようにどちらにもメリットとデメリットが存在するわけですが、サプリメントの効果が実感できるようになるには最低でも3ヶ月は必要でたった1ヶ月じゃ比べることができません。

では、3ヶ月間のコストで比べてみた場合どのような差が出てくるかと言えば、

【3ヶ月続けた場合のコスト比較】

◆公式サイト

初月980円+5,980円×2 = 1万2,940円

◆Amazon

1ヶ月8,980円×3 = 2万6,940円

なんと1万4,000円もの差が開くことになります。

こうして比較すると、特典の数とあわせて考えても公式サイトからの定期コースが断然お得ということになりますね。

>>コドミンを公式サイトから購入する

コドミンは子供の落ち着きや集中力を高めてくれるサプリメントです

ADHDのサプリはいろいろ販売されていますが、そもそも子供用サプリ自体存在しませんでした。

つまり、コドミンほど子供にこだわって作られているサプリメントは他にはないと言うこと。

落ち着きがない、集中力がない、もしかしてADHDなのでは?と悩む親にとって正に救世主のサプリメントと言っても過言ではありません。

落ち着きのない子供は毎日のように周囲から叱られ、歳を重ねるごとに自己肯定感が低くなりがちです。

叱られることで自分はダメな人間なんだ、と思い込んでしまい自分を認められなくなってしまうのです。

自分を認められなくなってしまった子供はやがてうつを発症したり不安障害を併発する可能性が高くなってしまいます。

このように落ち着きのない子供の症状は子ども自身や親の責任ではなく、脳の情報伝達が少し悪いだけにも関わらず、子供の人生に暗雲をもたらすことになりかねません。

そうならないためにもできるだけ早くサプリメントでサポートしてあげることで、問題行動が起こりにくくなり叱られることも徐々に減っていきます。

叱られることが少なくなれば自分に自信を持つこともできますし、お友達とも仲良くすることができるようになってきます。

今のうちに子供の長い人生を笑顔でいっぱいの好循環に乗せてあげられるようにしましょう!

↓↓↓

コドミン購入なら<公式サイト>